川崎区川崎の歯科・矯正歯科|もとき歯科医院

もとき歯科医院

〒210-0021 神奈川県川崎市川崎区元木1-2-7
044-233-6420

駐車場駐車場・駐輪場駐輪場完備

もとき歯科医院

矯正歯科

矯正歯科

※現在、子供矯正の予約は患者様の増加により、新規の患者様は受付できない状態となっております。
新規の患者様のご予約は2020年1月以降となります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

当院の矯正治療(子供)

当院では、お子さまの矯正治療が可能です。
お子さまの矯正治療では「筋機能療法」がおすすめです。
予約にてご相談をお受けいたします。

 
子供の矯正
矯正方法 筋機能療法
対象年齢
  • ① 乳歯列(2~5歳)
  • ② 混合歯列(6~12歳)
  • ③ 永久歯列(13歳~)
その他 毎月1回調整料 3,000円

当院の子供の矯正治療について

筋機能療法の特徴は
  • ・2~15歳を対象としています(開始適齢期6~8歳)。小さいお子さまでも簡単に行うことができます。
  • ・多くは一般的矯正装置(マルチブラケット)は使用しません。口腔周囲筋の悪癖習慣を改善することが大切です。
  • ・筋機能療法は自宅でも毎日筋機能訓練を行い習慣化することが改善の大きなポイントになります。

 

筋機能療法で改善がみられることは
  • ① 歯並びが良くなる
  • ② 鼻呼吸ができる( 健康な身体と成長)
  • ③ 口唇は閉じて、正面も横顔も美しい顔立ちになる
  • ④ 姿勢がよくなり立ち姿が美しくなる

 

4つの習慣化

歯並びを悪くする力は歯に触れている舌や周囲の筋肉により生じます。
この歯の周囲の筋肉に異常な力がかかったり、筋力が弱かったりすると歯並びを悪くします。
正しい筋力であると成長期の顎の発達を促し、歯並びも良くなります。
筋機能療法は口の周囲筋を正常にすることで歯並びを良くします。
その為お家で日常的に4つの事を習慣化します。

  • ① 鼻呼吸
  • ② 口唇を閉じる
  • ③ 舌の位置を上あごに置く
  • ④ 正しい飲み方の練習をする。

 

筋機能療法の治療の流れ
① 矯正相談 矯正担当医がお話をお伺いいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

もとき歯科医院

② 精密検査

お口の状態をしらべます
費用:30,000円(+消費税)
※こちらは資料採取費用のみです(治療費は別途)
時間:約1時間
内容:歯型 お口の中の写真 顔写真 年齢によりレントゲン等

もとき歯科医院

③ コンサルテーション 作成した治療計画書をもとに治療の必要性や方針・内容・費用のお話しをさせていただきます

もとき歯科医院

④ 合意書による合意  

もとき歯科医院

⑤ 治療の開始 契約書にご署名頂きいよいよスタートです!

 

矯正治療中のむし歯・歯周病予防について

矯正中むし歯や歯周病にしないために科学的な方法も併用します。

  • 当院では矯正中に月一回PMTCシステム(プロの歯科衛生士による機械で行う歯の清掃)を行うことにより、矯正中のむし歯や歯周病を予防しています。
  • 細菌検査(歯の表面についた汚れをその場で位相差顕微鏡で観察します。)
  • 唾液検査(唾液中のむし歯菌の量を調べたり唾液の能力を調べます。)
  • フッ素塗布の応用

 

治療症例

症例ページをご覧ください。
症例はコチラ>>

 

筋機能療法でよくいただくご質問

Q.治療期間や費用は?

A.約2年の期間です。費用は年齢や症例により異なりますが約20万~50万円です。
詳しくはこちらをご覧ください。

Q.通院間隔は?

A.基本は月1回もしくは2回の通院となります。

Q.花粉症やアレルギー鼻炎があり鼻詰まりがあります。この治療ができますか?

A.鼻づまりに対する対処方法を行いますが、本人の協力も必要です。
重症な場合、耳鼻科との連携をとり治療を進めることが望ましいでしょう。

Q.口を開けていると歯並びが悪くなるの

A.口を開けていると、口を閉じようとする筋肉が弱くなり、舌筋も弱体化します。顎の成長期に口を開ける習慣を放置すると顎の幅と前方成長が抑制され歯が並びきらなくなります。
また顔つきも長顔となり口が開けっ放しで下顔面が緩んだ顔つきとなります。

Q.なぜ「口呼吸」はいけないの?

A.人間(哺乳動物)の呼吸方法は鼻呼吸です。呼吸は酸素を体内に供給する大切な生命活動です。

  • ・鼻呼吸は鼻のフィルター作用で細菌、ウイルス、ほこりが除かれ肺にきれいな酸素が供給され、病気の感染率を低下させます。
  • ・鼻呼吸は加温・加湿作用があるため肺に優しい酸素が供給され外気から身体を守ります。
  • ・口呼吸は常時口を開けているため、顔の下顔面の筋肉や顎の成長を弱体化させ歯並びを悪くします。
  • ・口呼吸は口腔内を乾燥させるため“つば”の役割を喪失させます。
  • “つば”の大きな役割は消化酵素や免疫力、殺菌力、口腔内の浄化作用です。口呼吸をすることでこれらの作用が失われる事になり、むし歯や歯周病を罹患しやすくなります。また、口から細菌やウイルス、花粉やほこりをフィルタ-なしで直接吸い込むため、免疫力が間に合わなくなると、アレルギーや鼻炎を引き起こしやすくなります。
    特に成長時期の口呼吸習慣は健全な健康や成長をはばみ、歯並びを悪くします。

Q.なぜこの時期に?

A.歯の生える方向や永久歯の生える場所を確保するための顎骨の幅の成長には、歯に直接面している舌や唇の力(口腔周囲筋)が大きく影響することがわかってきました。これらの力のバランスが良いと、歯並びが良くなるのです。
一方、周囲筋のバランスが悪くなり、それが習慣化すると歯並びを悪くすることがわかってきました。
「この悪い習癖をできるだけ早い時期(若い時期)に正常に改善することが歯並びを良くする」という理論の基に治療を行います。

 

費用

筋機能療法
早期治療 乳歯列(2~5歳) 200,000円 ~ 300,000円(+消費税)
治療第1期 混合歯列(6~12歳) 380,000円 ~ 400,000円(+消費税)
治療第1期、治療第2期 永久歯列(13歳~) 400,000円 ~ 700,000円(+消費税)
別途(毎月一回) 調整料 3,000円(+消費税)
PMTC(ご希望により) 3,000円(+消費税)

※お口の状態によって費用が変わることがあります。
詳しくは担当医にお尋ねください。

pagetop

044-233-6420